女性の目

大阪ではふたえ整形が人気!特に末広がりタイプを希望する人増加中

埋没法でまぶたに埋め込んだ糸について

埋没法はまぶたに糸を通す手術になりますが、糸をまぶたの皮膚の下に埋め込むので、糸の結び目が膨らむ人が出てきます。糸の結び目が膨らむのは体質が関係していますが、他にも埋没法を担当する医師の技術にも左右されます。
約6ヶ月で糸の結び目が改善されますが、1ヶ月経てば次第に糸の結び目が目立ちにくくなります。ちなみに、埋没法には糸の結び目が目立ちにくい埋没法があります。糸の結び目をまぶたの裏側に持ってくるので糸の結び目が目立ちにくくなりますが、糸が出てきた際に目を傷つけやすくなる可能性が発生します。
それに加えて、一般的な埋没法である2点止めより抜糸するのが困難とされています。また、埋没法は切開法と異なり糸が出てくる可能性があります。糸が皮膚から出る他にも、眼球側から糸が出ることもあります。
皮膚から糸が出てきても痛みを伴いませんが、出てくる糸が気になったら埋没法を受けた病院で受診するのが重要になります。ちなみに、糸が出てくるといくら時間が経過しても自然に治ることがありません。一方、眼球側から糸が出てきたら皮膚側より目の痛みが伴いやすくなります。
なので、場合によっては目が開けられない痛みに追われることもあります。埋没法で二重まぶたを作ったら、糸で目に痛みを感じた際は早めに手術を受けた病院で受診してもらうのが最善の策になります。

News

Site map

Copyright © 2017 大阪ではふたえ整形が人気!特に末広がりタイプを希望する人増加中 All Rights Reserved.